カクヒト
アタラシイノ
ブンルイ
Twitter

Twitter

  • 読み込み中・・・
⇒follow
Willcomの「誰とでも定額」
携帯電話の料金プランは、比較してもよく分からないが、Willcomの料金プランだけがなぜか突出して安いことは分かる。もちろんWillcomは厳密に言えば「携帯電話」ではなく「PHS」だが、使っている人間にとってはそれほど大差ないのも事実なので、そう表現しておく。

そのWillcomがソフトバンクの傘下に入り、ソフトバンク臭のする名前の割引プランを出してきた…「誰とでも定額」だ。このプランは既存のプランに980円を足すことで相手がたとえ他キャリアであろうと、10分間までの通話は500回まで追加料金がかからずに通話できるというもの。

基本料金に対して、1分あたりの通話料がそもそも安い新ウィルコム定額プランでさえも一般電話と47分間通話すれば980円を超える。そう考えるととても魅力的に映るプランだ。月500回と言えば、1日あたり16回かけても超えることはない。

とても興味をそそられるが、果たしてそこまで電話をかける仕事に就いているわけでもなく、多分、必要ないだろうなとも思う。それよりもこのプランに引っ張られて、今使っているdocomoがこういった割引を始めてくれないかと期待してみたりする。

| http://murapple.com/index.php?e=594 |
| デジモノ | 03:43 PM | comments (2) | trackback (0) | murari |
iPad 4.2で画面ホールド
バージョンアップによって、仕様が変更され、横の回転ホールド(回転ロック)のスイッチが、ミュートに変更された。
これを行うには、以下の手順をしなければならない。

画面を縦向き/横向きでロ ッ クする : ホーム ボタンをダブルク リ ッ ク し、 マルチタスクステータスバー を表示して左から右にフリ ッ ク します。 (ボタン)をタ ッ プして画面の向きをロ ッ ク します。(マニュアルより)

仕様変更は結構だが、それを一言説明してくれれば、親切なのにと思う。

| http://murapple.com/index.php?e=593 |
| デジモノ | 03:10 PM | comments (0) | trackback (0) | murari |
自治体サイト考
先日横須賀市のWEBサイト(⇒http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/)がリニューアルしたので、その使い勝手を考察してみた。というのも、その前のデザインが自分の周りではかなり不評で、使い勝手が悪い・探しにくいといった評判だったからだ。

自分の中での結論としては、
・ 表面的なデザインが変わっただけで、使い勝手の大幅向上はしていない。
・ それぞれの項目を細かく分けすぎていて、目的の情報にたどり着くまでの手順が長い。
・ PDFの多用がみられるが、資料的要素が強いもの・印刷用の資料はともかく、それ以外のものに使うのは…。
と、高評価を付けるには値しないリニューアルだと感じた。もちろん、トップページの「ライフイベント」など、ところどころ良い点もあるのだが。。

また最近のブラウザは画像を含んでいても全体として拡大縮小出来るが、少し前のInternet Explorerなどでは画像は拡大縮小されないため、ボタンが画像なのは、ユーザビリティ的にマイナスだと思われる。

他の自治体のサイトも少し回って比較をしてみた。

茅ヶ崎市:「くらし」の項目が1ページにまとめていて、一覧性があって良い。
横須賀市の場合茅ヶ崎市の場合
鎌倉市:ページが移っても上部ナビゲーションが変化しないため、落ち着いている。
横須賀市(TOPくらしの~
鎌倉市(TOPくらしの~
葉山町:トップページから目的のページへ一発で飛べるため分かりやすい。
http://www.town.hayama.lg.jp/
宮城県白石(しろいし)市:「くらし」の項目がHow Toになっていて、やさしい。
http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/life/

~悪例
逗子市:くらしのページが…。文字だけのボタンで羅列されているとどれがどれだか…
http://www.city.zushi.kanagawa.jp/life/
海老名市:論外。デザインがページによって中央揃えと左揃えと移動する。画面サイズが小さければ問題ないのかもしれないけれど…。
http://www.city.ebina.kanagawa.jp/

(この記事はTwitterでのつぶやきを基に書かれています。元のつぶやきをまとめたものはこちら

| http://murapple.com/index.php?e=589 |
| デジモノ | 02:56 PM | comments (0) | trackback (0) | murari |
"成分解析"はどこへ
ふと思い出した。

数年前に流行った、「成分解析」…単語を入力すると、その成分を表示するというジョークソフトだ。「診断メーカー」とかそういったものの走りとも言えるものだが、今更ながらやってみようと思い立った。

検索すると、成分解析 on Web というものが出てきたのだが、on Webというぐらいだから、元のものがあるのである。確か、元のものはWindows95でも動くような(という表現はあれだが)、シンプルなプログラムだった記憶だ。(それに調べてみると元のものとWebのものとは結果が違うらしい)

残念なことに、どうやら配布元のサイトは閉鎖されてしまったようだ。ウェブサイトは、閉鎖すれば本当に無くなってしまう。データが流出して…という話しはよくあるけれど、インターネットでは、よっぽど面白いものか重要だったりするものはそうなっても、どうでも良いようなデータまでもが常に残り続けるわけではない。

ファイル名は「bufferin.lzh」である。これを検索して見つけ出そうとしている(いまここ)。
だが、なかなか上手くいかない。拡張子がlzhというのも、なかなかあれである。(つられてMiccoさんのページや「統合アーカイバプロジェクト」を開いて、懐かしく感じたのは何故だろう。もちろん、今も更新されている。)

探せども出て来ないのは、スキル不足だろうか。代わりに、解析結果を楽しんで貼っている(数年前の)ウェブページは沢山引っかかってきた。本当に流行したんだなぁ。

----

それとは別件で。
Egg Marketというゲームがある。これも昔々に自分がプレイしていたものだが、制作者は、今はオンライン麻雀ゲーム「天鳳」を開発しているらしい。

| http://murapple.com/index.php?e=587 |
| デジモノ | 12:32 AM | comments (1) | trackback (0) | murari |
目の疲れとiPad
iPadネタばかりで大変恐縮だが、しばらくこのネタをひっぱる可能性が高い。

今日のネタは、眼精疲労。よくパソコンなどをいじっていると目が疲れることがある。
特に長い文章などを読んでいると顕著だと思われるが、夏目漱石の「こころ」を読み進めていってもそういう現象はまだ起きていない。

一つ思ったのは、パソコンの画面とiPadでは画面の変遷時の描写がかなり違うということがその要因ではないかということである。
iPadでは変遷の途中描写もしっかりあり、突然パッパッと切り替わるのではなく、なめらかに移行する。
これが目の疲れを多少なりとも予防しているのではないかと思うのである。

実際日常生活において、パソコンの画面の様に切り替えが早い画像を目に受けることは少ない。
特に紙の文章を読む時は、紙をめくる時、持ち上げる時など、動作に伴いいっぺんに全ての文章が目に入ってくるのではなく、一部分から入ってくるはずである。
この途中動作を抜くと、疲労を早める気がするのである。

画面の描画やデザイン、動作など、そういう部分が非常に洗練されていて使っていても変なストレスを感じない。
突き詰めて作られているものは、本当に素晴らしい。




| http://murapple.com/index.php?e=569 |
| デジモノ | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |