Blog Murapple::デジモノ
カクヒト
アタラシイノ
ブンルイ
Twitter

Twitter

  • 読み込み中・・・
⇒follow
まだ見かけない
あんなにヨドバシカメラなどが大にぎわいだったのにまだiPadを持っている人を見かけない。
しかしそれを不思議に思わないのは、家でくつろいでいる時に、自分がiPadをいちばん触るからだろう。

もう、ちょっとやそっとのことでは、パソコンを開かなくなってしまった。
よっぽどそれでなければ出来ないような作業以外は、全然これで事足りてしまうのだ。ネットサーフ、メールチェック、ツイッター、、etc

それにまだちょっと外でiPadを出すのは気恥ずかしい。
堂々と使えばいいのだろうが、なかなか。iPhoneのように普及すればそうではなくなるんだろうが、果たしてそこまで普及するだろうか。
iPhoneは一人一台持っていてもなんら不思議ではないが、iPadは家に一台で十分のような気がするのだ。持ち歩いて使う人は全員ではない。思ったより軽いが、あくまでも「思ったより」である。やはり大きい分重さはある。

| http://murapple.com/index.php?e=568 |
| デジモノ | 10:00 AM | comments (1) | trackback (0) | murari |
電子書籍とiPad
画面の広さがiPhoneと比較してかなり大きくなったiPad。
広い分出版物を画面で見るのも容易である。

例えば、産経新聞の電子板が配信されていて読むことができたりだとか、アップル印の電子書籍ストアだとか、Amazonキンドルだとか、青空文庫が読めるアプリが格安で提供されていたりだとか、"既に始まっている"と、とても感じる。

実際表示してみてどの程度読めるものかと思っていたが、まず文庫本は間違いなく読める。
雑誌や新聞も多少の拡大縮小は必要だけれども、一段落が画面に収まる程度の広さがあるので苦には感じない。

青空文庫が読めるアプリが物凄い。百冊以上の本があり、確か値段が700円。確か青空文庫は著作権の切れた作品を電子書籍化したものだけれど、これになってしまった作品を果たして文庫本で買うだろうか?否である。
もちろん紙の質感というものはとても好きだが、これを触ってしまうと電子書籍もアリだな、と思う。


| http://murapple.com/index.php?e=567 |
| デジモノ | 10:00 AM | comments (1) | trackback (0) | murari |
iPad生活
こういうデジモノを手に入れた時に、そのデジモノからブログを投稿するのはわりと定番の手法というか、多く見かける手法だと思うのだけれど、自分もその流れに乗ってみようと思い、iPadから投稿して見ることにする。

まず入力だが、画面に表示されるいわゆるソフトウェアキーボードを利用している。横画面ならキーピッチがあるのでわりとスムーズに打てるように思える。
ただ当たり前だが、画面がタッチパネルのため常にキーボードのように触れている訳にはいかず、空中に浮かせていなければならない。
長文を打つと疲れそうである。そうなるとメカニカルなキーボードが欲しくなってくる。

実際Bluetoothが装備されておりワイヤレスでキーボードを追加することが出来るので、それは選択肢に含めていてもいいだろう。
しかしここまでわりと素早く打てている。普通に文章を打ててしまう。やはりサイズである。これがiPhoneだったらこうはいかないだろう。
ちょっとした140文字だとか、それぐらいを打つには充分と思う。

そして気になる?電子書籍など画面の表示についてだが、卑怯だがまた明日投稿しようと思う。


| http://murapple.com/index.php?e=566 |
| デジモノ | 12:41 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |
iPadを予約した
初日に踏み切れず、昨日ようやく決心をつけたところ、なんと売り切れ。
入荷未定ということだったが、予約をしてきた。
金銭面から、WiFi版の16GBモデルを選んだ。来るのが待ちきれない!

一番心動かされたのはGoogleマップである。
試しに触ってみたら、あの画面サイズかつスムーズに動く。とても素晴らしい。

一応通信は、とりあえずしばらくはワイヤレスゲートとフレッツ・スポットを併用してWiFiだけで済ませ、後にノートパソコンでも使えるポケットWifi、もしくはb-mobile +SIMフリーなWLANルータを導入してみようと思う。
3GモデルだけがGPSを備えていたのでその点が少し心残りだが、そういうわけでWiFiモデルである。

しかし、ヨドバシカメラに居たソフトバンクの店員の疲れっぷりがなかなか印象的であった。書き入れ時で忙しいのは分かるが、ちゃんと交代や休暇を取れているのだろうか?
それとも接客の悪い店員に当たってしまったのだろうか・・・。

| http://murapple.com/index.php?e=564 |
| デジモノ | 02:07 PM | comments (0) | trackback (0) | murari |
Twitterの魅力とRSS
Twitter関連本が沢山出版され、「Twitter」という言葉そのものも市民権を得てきた印象のある最近だが、どうもTwitterをRSSフィードと同じような用途に使う企業などが目についてきた。

それが悪いとは言わないが、せっかく双方向にやり取りが出来るコミュニケーションツールなのに、それだけやっていればPR効果があるとでも思っているのだろうか。
確かに、短期的なユニークユーザーの獲得は出来るだろうが、果たしてその企業や人を応援してくれる「ファン」(語弊があるが、あえてこの言葉を使わせていただく)になってもらえるかは疑問である。

もちろん、双方向にコミュニケーションをするにはかなりの努力が必要だ。迂闊に刺激的な言葉をつぶやけば、逆のPR効果を得るだろう。だからこそ大きな影響力を持つ企業や人間ほど、この1歩を踏み込まない、いや踏み込めないのかもしれない。

しかし、本当に味方になってくれる人間を増やすためのPRには、この1歩が非常に重要である。ただ情報を配信するだけならRSSフィードで充分だと思われる。Twitterほど一般的な市民権は無いが・・・そのためなのだろうか?


僕は@JINSMANが大好きだ。
もちろん主観的な意見だが、こういうPRを見るとやはりJINSでメガネを買ってみようと思ってしまう(実際、試しにと買ってしまった・・・)。

どの本で読んだか、どこで読んだかは忘れてしまったが、「お客様は不安なのだ」という言葉が印象に残っている。果たして良いサービスが受けられるか、どういった形で提供されるのか、どこにお店があるのか・・・様々な疑問や不安を持っている。

Twitterを使えばその不安を直接払拭でき、自社の良いサービスや製品へと誘導するPRが出来るだろうし、時にはサービスや製品の改善点を議論出来るかもしれない。
こういった魅力に気付いていないのか、本当に勿体無い使い方をしている企業が多いのは甚だ残念である。

| http://murapple.com/index.php?e=556 |
| デジモノ | 01:28 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |