カクヒト
アタラシイノ
ブンルイ
Twitter

Twitter

  • 読み込み中・・・
⇒follow
京急ダイヤ考察
ダイヤ改正があったので、おもしろそうな列車をピックアップ。
今回は並び特集。同じ種別や行き先の列車が隣同士のホームで並ぶ時間・駅を掲載。
(種別変更ある列車はその場所・その時間の種別を掲載)

以下全て平日

607B/707C 特急並走(但し未確認。分単位では並走だが・・・運次第?)
金沢八景~金沢文庫 7:18~7:21

711C/711B 特急同士の接続
堀ノ内 7:22

1515D/1495 どちらも羽田空港行
京急鶴見 16:02

2254H/2394H どちらも特急京急久里浜
京急蒲田 23:10

2271C/2215 金沢文庫行き
堀ノ内 22:43

2307C/2319 神奈川新町行き
堀ノ内 23:29

後半2つはあまり面白みが無い、、

| http://murapple.com/index.php?e=584 |
| テツ | 08:00 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |
安酒とウィングと地図
先日、久々にウィング号に乗った。
片手にはいわゆる第三のビール。お酒は強くないし、正直あまり美味しくないお酒なので、全然進まない。だが、その方が性に合っているのだろうか、不満は感じない。

京急線は、横浜の境に性格を変える。
横浜以北は、地図で見ると基本的にまっすぐである。東海道に沿って、すばらしい線形のため、高速で移動できる。ところが、横浜を超えるといきなり急カーブの連続である。また、トンネルが多い区間もここから始まる。
それもそのはずで、横浜から横須賀方面に向かって3駅目の黄金町駅の、以北は京浜電気鉄道、以南は湘南電気鉄道というそれぞれの会社が線路をひいたため性格が異なるのだ。その後その2社は合併し、紆余曲折を経て現在の京浜急行電鉄になっている。

その黄金町駅は、京浜電気鉄道と直通するまでは、湘南電気鉄道の終点だった。そこから、桜木町に伸ばすための用地が、きっと確保されていたのであろう。地図を見ると、線路ぐらいの幅の区画が黄金町と日ノ出町の中間ぐらいから桜木町まで続き、その道路に挟まれた細い区画に沿って建物が建っている。

桜木町に向かっていたならば、今の東急東横線と直通していたかもしれない。実際、東横線桜木町開業も、京浜電鉄の黄金町延伸と同時期なのである。
過去に思いを馳せていると、ウィング号は最初の停車駅、上大岡へと着いた。
ここからは、快特と同じ停車駅となる。

| http://murapple.com/index.php?e=579 |
| テツ | 02:27 PM | comments (0) | trackback (0) | murari |
ダイヤ改正
京急が16日ダイヤ改正をし、様々な変更があった。
毎回出版されている「京急時刻表」はまだのようで、どうやら10月ごろの新駅開業に併せて発売するのではないか、という話である。
必要であれば、20日発売の交通新聞社「東京時刻表」を買うといいだろう。

さて今回から出来た新種別のエアポート急行だが、新設の横浜方面~羽田の運用に入っていたのは各所の予想通り2000形と4連x2だった。
さっそく各所で撮影者などが居たらしい。
自分も、余裕があれば行きたいところだったが、あいにくであった。


| http://murapple.com/index.php?e=561 |
| テツ | 02:24 AM | comments (1) | trackback (0) | murari |
確認
わざわざ、ダイヤグラム<列車運行図表>を開いて、確認するまでもなかった。
当たり前といえば、当たり前である。
速い列車を退避するために、その分停車しているのだから。

昼間、上大岡駅の1・4番線に電車が居ない時間は3分しかない。
発車しても、多くとも3分後には電車が停っているのだ。

10分に2本あるうちの、品川から来た電車は、3回速い電車に抜かされている。
もう1本は、川崎始発で、ここに来るまでに1回ないしは2回抜かされている。

その緻密な網の目を読みながら悦に入る。愉しいひとときである。

| http://murapple.com/index.php?e=530 |
| テツ | 03:59 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |
ついに本日、209系京浜東北線撤退
各所で話題になっているが、209系が本日をもって京浜東北線から撤退する。
最近見かけないなぁ、とは思っていたが、こんなに早く置き換えが済むとは。
さすがは新津を持っているJR東日本だ。

今年は京急も引退する形式が出る。
現在26両だが、新1000形の追加が来る度に離脱していくだろう。

そういえば久里浜工場にはMc-Mcが4本計8両がずっと留置してあるらしい。
まず解体だろうが、どこか別の場所に新しい活躍の場所を得るのではないか、と勝手に想っている。
特に1381-1382は今(車体が)現存する車両でも一番新しい。
ちなみにソースはこちら(→やみくもに画像貼り付け報告

| http://murapple.com/index.php?e=505 |
| テツ | 01:00 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |