カクヒト
アタラシイノ
ブンルイ
Twitter

Twitter

  • 読み込み中・・・
⇒follow
紹介とハードル
何かモノゴトを紹介するときに「面白い」と言うと何かハードルが上がりすぎてしまう。
それはまるでお笑い芸人が、ステージに立ったときのようだ。
笑わせようとしているという意図が見えると、案外人は笑えないものである。

唐突であったり、小出しにしたり、謙遜したりしている方が、後が面白いのだ。
そこには、いかに一番の売りを強く見せるかという情報戦略が見えるような気がする。

| http://murapple.com/index.php?e=464 |
| イツモノ | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |
Clip to Evernote








http://murapple.com/tb.php/464