カクヒト
アタラシイノ
ブンルイ
Twitter

Twitter

  • 読み込み中・・・
⇒follow
Twitterの魅力とRSS
Twitter関連本が沢山出版され、「Twitter」という言葉そのものも市民権を得てきた印象のある最近だが、どうもTwitterをRSSフィードと同じような用途に使う企業などが目についてきた。

それが悪いとは言わないが、せっかく双方向にやり取りが出来るコミュニケーションツールなのに、それだけやっていればPR効果があるとでも思っているのだろうか。
確かに、短期的なユニークユーザーの獲得は出来るだろうが、果たしてその企業や人を応援してくれる「ファン」(語弊があるが、あえてこの言葉を使わせていただく)になってもらえるかは疑問である。

もちろん、双方向にコミュニケーションをするにはかなりの努力が必要だ。迂闊に刺激的な言葉をつぶやけば、逆のPR効果を得るだろう。だからこそ大きな影響力を持つ企業や人間ほど、この1歩を踏み込まない、いや踏み込めないのかもしれない。

しかし、本当に味方になってくれる人間を増やすためのPRには、この1歩が非常に重要である。ただ情報を配信するだけならRSSフィードで充分だと思われる。Twitterほど一般的な市民権は無いが・・・そのためなのだろうか?


僕は@JINSMANが大好きだ。
もちろん主観的な意見だが、こういうPRを見るとやはりJINSでメガネを買ってみようと思ってしまう(実際、試しにと買ってしまった・・・)。

どの本で読んだか、どこで読んだかは忘れてしまったが、「お客様は不安なのだ」という言葉が印象に残っている。果たして良いサービスが受けられるか、どういった形で提供されるのか、どこにお店があるのか・・・様々な疑問や不安を持っている。

Twitterを使えばその不安を直接払拭でき、自社の良いサービスや製品へと誘導するPRが出来るだろうし、時にはサービスや製品の改善点を議論出来るかもしれない。
こういった魅力に気付いていないのか、本当に勿体無い使い方をしている企業が多いのは甚だ残念である。

| http://murapple.com/index.php?e=556 |
| デジモノ | 01:28 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |
Clip to Evernote








http://murapple.com/tb.php/556