Blog Murapple::目の疲れとiPad
カクヒト
アタラシイノ
ブンルイ
Twitter

Twitter

  • 読み込み中・・・
⇒follow
目の疲れとiPad
iPadネタばかりで大変恐縮だが、しばらくこのネタをひっぱる可能性が高い。

今日のネタは、眼精疲労。よくパソコンなどをいじっていると目が疲れることがある。
特に長い文章などを読んでいると顕著だと思われるが、夏目漱石の「こころ」を読み進めていってもそういう現象はまだ起きていない。

一つ思ったのは、パソコンの画面とiPadでは画面の変遷時の描写がかなり違うということがその要因ではないかということである。
iPadでは変遷の途中描写もしっかりあり、突然パッパッと切り替わるのではなく、なめらかに移行する。
これが目の疲れを多少なりとも予防しているのではないかと思うのである。

実際日常生活において、パソコンの画面の様に切り替えが早い画像を目に受けることは少ない。
特に紙の文章を読む時は、紙をめくる時、持ち上げる時など、動作に伴いいっぺんに全ての文章が目に入ってくるのではなく、一部分から入ってくるはずである。
この途中動作を抜くと、疲労を早める気がするのである。

画面の描画やデザイン、動作など、そういう部分が非常に洗練されていて使っていても変なストレスを感じない。
突き詰めて作られているものは、本当に素晴らしい。




| http://murapple.com/index.php?e=569 |
| デジモノ | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |
Clip to Evernote








http://murapple.com/tb.php/569