カクヒト
アタラシイノ
ブンルイ
Twitter

Twitter

  • 読み込み中・・・
⇒follow
安酒とウィングと地図
先日、久々にウィング号に乗った。
片手にはいわゆる第三のビール。お酒は強くないし、正直あまり美味しくないお酒なので、全然進まない。だが、その方が性に合っているのだろうか、不満は感じない。

京急線は、横浜の境に性格を変える。
横浜以北は、地図で見ると基本的にまっすぐである。東海道に沿って、すばらしい線形のため、高速で移動できる。ところが、横浜を超えるといきなり急カーブの連続である。また、トンネルが多い区間もここから始まる。
それもそのはずで、横浜から横須賀方面に向かって3駅目の黄金町駅の、以北は京浜電気鉄道、以南は湘南電気鉄道というそれぞれの会社が線路をひいたため性格が異なるのだ。その後その2社は合併し、紆余曲折を経て現在の京浜急行電鉄になっている。

その黄金町駅は、京浜電気鉄道と直通するまでは、湘南電気鉄道の終点だった。そこから、桜木町に伸ばすための用地が、きっと確保されていたのであろう。地図を見ると、線路ぐらいの幅の区画が黄金町と日ノ出町の中間ぐらいから桜木町まで続き、その道路に挟まれた細い区画に沿って建物が建っている。

桜木町に向かっていたならば、今の東急東横線と直通していたかもしれない。実際、東横線桜木町開業も、京浜電鉄の黄金町延伸と同時期なのである。
過去に思いを馳せていると、ウィング号は最初の停車駅、上大岡へと着いた。
ここからは、快特と同じ停車駅となる。

| http://murapple.com/index.php?e=579 |
| テツ | 02:27 PM | comments (0) | trackback (0) | murari |
Clip to Evernote








http://murapple.com/tb.php/579