カクヒト
アタラシイノ
ブンルイ
Twitter

Twitter

  • 読み込み中・・・
⇒follow
同意を声に出す。
ここのところ、複数人で意見をぶつけたりまとめたりする機会に恵まれている。
そういう時にやってみて、いい感触を得ているのが「同意」を声に出すということである。

人の意見や現行の意見に対して、良いと思ったら、あえて「これでいい」と声を出すのである。議題に対して、たいてい考えているとおし黙ってしまうのだが、良い意見が自分には生み出せなかったり、今は思いつかなかったら、現在の意見をちゃんと認めることが、テキパキとした進行に貢献し、限られた時間で意見をまとめる際には重要なのではないだろうか。

もちろん、意見に同意するにはそれを裏付ける理由が必要である。納得できなければ、そこはしっかり質問しなければならない。同意をするということは、その意見に対する自分の責任を果たし、納得しているという意思表示なのである。

学生同士での議論は、もちろん毎日のように議論をする人々と比すれば議論のレベル・スキルが雲泥の差である。だからこそ同意をしっかりと口に出し、"反論は無い"というネガティブな意思表示ではなく、"これでいい"というポジティブな意思表示をしっかりとすることに、意味を見いだせそうな気がするのだ。

| http://murapple.com/index.php?e=586 |
| イツモノ | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |
Clip to Evernote








http://murapple.com/tb.php/586