カクヒト
アタラシイノ
ブンルイ
Twitter

Twitter

  • 読み込み中・・・
⇒follow
針が無くても、穴を開けなくても
ちゃんと止められる。そう、「Harinacs Press」ならね!

・・・これが言いたかっただけ。

というわけで、久々の更新は、アタラシ文房具のご紹介。圧力で紙を留める、ハリナックス プレス。「今度出るらしい」という噂を聞きつけ、さっそく文房具屋で入手してきた。
ハリナックス プレス

大きさは、こんな感じ。(たまたま近くにあった某Pカードとのサイズ比較)
ポンタカードとのサイズ比較
ポンタカードとのサイズ比較2

手に持つと、ずっしりとした重量感。通常のステープラーよりも、かなり重たい。
手に持ったサイズ感

しかし、圧力で紙は本当に留まるのか? これまた、たまたま近くにあった測量野帳(⇒過去記事)のページを留めてみた。測量野帳は、ちょっと厚手の紙なので、果たして。

・・・グッと力をこめると、すんなり留まった。
すんなり留まった

そして意外と(失礼)ちゃんと留まっている!
ちゃんと留まる
こんなにちゃんと留まる

「擦れば取れる」というのもウリらしいので、外してみたが、割としっかり擦らないと取れないので、なかなか頼もしい。まぁ、そうでないとすぐ外れてしまうので、当然と言えば当然だが。

普段、職場でステープラーやゼムクリップ等々、色々紙を留める機会があるけれど、留めた資料が増えてくると、やっぱり留めた部分が厚くなっていく。また、当然シュレッダー等で処分する時は、芯を外す手間もかかる。

もちろん、枚数は止められないし、針で止めるものより保持力が劣るのは間違いない。でもある一定の条件だと、抜群の使い勝手だと感じた。

惜しむらくは、圧力で留める都合上、やはり若干力が必要だ。たくさん留めると疲れるレベルだと思う。たぶん、戦略的にこのサイズを選んだのだろうけれど、もう少し大型で軽く止められるタイプがあったら良いかなと。
あと、1,100円(本体価格)は、やはりちょっと値段が高く感じる。もちろん、針代は掛からないけれど。


燃料代(針)は掛からないけど、ちょっと値段が張って、走行距離(綴じ枚数)は少な目。まさにステープラー界の電気自動車リーフのような存在、ハリナックスプレス。本日(2014年10月22日)発売です!(これも言いたかった)


ハリナックスプレス コクヨS&T
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/sl-stapler/press5.html

| http://murapple.com/index.php?e=647 |
| イツモノ | 10:11 PM | comments (x) | trackback (x) | murari |