カクヒト
アタラシイノ
ブンルイ
Twitter

Twitter

  • 読み込み中・・・
⇒follow
ちょっとだけイラっとした話
愚痴っぽいけど感情の整理のために。

夕方、職場の人と話しながら、自分がとてもイライラしていることを感じてた。
そのときは理由がよく分からなかったけど、ふと今になって理解できたので記しておく。

弊社では長年VBAマクロで色々な業務をやっていて、例によって「使わざるを得ないが、誰も修正できないマクロがある」問題が起きていた。※イメージ出来ない場合は、この記事読んでもらえれば。 ⇒ エクセルマクロ(VBA)は邪魔者扱い

とりあえず当面は業務が回るように維持管理しつつ(最初にマクロを組んでいた人は当然いない)、ちまちまとマクロ無しでも仕事ができるように、業務システムから必要なデータを抜く仕組みや、EXCELの関数だけで同等のことができるように組んでみたり等々、この1年半以上ずっとやってたわけ。

相手もそれを分かってるはずなんだけど、今日やっていて、トラブルを起こした複雑なマクロ(統計関係の処理)について、再びこの話題になったところが発端。

相手は、この複雑に組まれたマクロでも、バラして一個ずつの手順にすれば、EXCELとかでこの仕事は出来ると確信していた。
でも僕には、優秀な人間(例えば、その相手)にしか出来ないと感じたんだよね。

複雑で大量のデータを扱うマクロを、ローテクな方法で代替するには、とても多段な手順と、時間と、労力がかかる。
併せてやり方のドキュメントの整備もとてつもない量で必要になってしまうし、その多量のドキュメントを読んで、きっちり実施してくれるひとが居るかどうか。
マクロ憎しは分かるけれど、難易度の高い別のものを入れるのは本末転倒だと思うし、人間を信用しすぎだと思うんだよね。

つまり、「物理的に可能」と、「その業務が問題なく続けられ、誰もが引き継げるようになる」のは全く別の話ってこと。

そもそもこの業務はいまの弊社の社員のレベルと比較して難しくやりすぎだと思うので、ちゃんとカネをかけてシステム化するか、より簡便な方法を編み出す方が、たぶん建設的。
その辺がいつまでたっても伝わらないし、ずっと取り組んできた自分から見て、今コレは何ともし難いと思っていたものに対して、そういう意見を開陳されてしまったという。

いつもならサバっと「じゃあ自分でやってみそ」って言えるんだけど、よりによって一日中その人のブレインストーミングの相手になっていたので、疲れてついイラついてしまった。

感情の制御って難しい。

| http://murapple.com/index.php?e=652 |
| カタイコト | 10:35 PM | comments (0) | trackback (x) | murari |
Clip to Evernote