カクヒト
アタラシイノ
ブンルイ
Twitter

Twitter

  • 読み込み中・・・
⇒follow
教訓と減災
いま東日本大震災の教訓は?と聞かれたら、多くの人々は「揺れたら高台に」など思い浮かぶだろうが、では阪神淡路の教訓は?と聞かれたら、その地区以外の人々は殆ど思い浮かばないのではないだろうか。人間の記憶力には限界があり、記憶していなくとも命を守れなければ、災害対策の効果は限定されるだろう。

では自分がいま地震に遭ったらどうするか?まず火の元確認、ドアを開ける、周囲の家々の初期消火、家具やブロック塀等、倒れやすいものから離れる、、、他にもあるかもしれない。それから海抜の低いところなら高台への避難を考える。

東日本では津波が圧倒的で、多くの方が亡くなったが、1割は別の要因。一万人の1割は千人。揺れだけでも多くの方が亡くなっている。阪神淡路のように内陸で直下だと、津波は起きないわけであるが、先の震災のイメージが強く、海抜表示とかそういう対策が多く行われている。

地震による死因には、おおざっぱに圧死と焼死と水死という可能性がある。。そのどれが降りかかってくる可能性が高いか、自らの土地を知ることが大切である。下町なら延焼で大規模火災があるかもしれないし、三陸のような地形では間違いなく津波が卓越するし、その、土地によって違うはずである、リスク対処の優先順位を考えるべきだ。そのためには、過去自らの住む地域では何が起きてきたかをちゃんと把握する必要がある。そしてそれは、決して津波一辺倒ではない。

活断層半島に住んでいる身としては、原発云々基地云々より、静岡のように地震対策をもっともっとしても良いと考える。背後に丘も台地も高い建物もそこそこあり、逃げ道は結構ある。ここは津波対策より火災や(特に丘陵の)老朽家屋の倒壊対策をした方が良いのではないかと思うわけである。加えて、東京湾は津波が減衰すると言われる、袋形の湾である。(もっとも、西部や久里浜あたりはわりと平坦で怖いが。)

初出:Twitter(@murapple)7/26 16:58~17:57


| http://murapple.com/index.php?e=642 |
| カタイコト | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |
被災財処理進捗状況(6/30版)
被災財
単位:万トン

元データ:環境省 沿岸市町村の災害廃棄物処理の進捗状況 (6/30版取得)
※未処理量=被災財の総量から処理済み量を差し引いたもの。


| http://murapple.com/index.php?e=641 |
| カタイコト | 10:38 PM | comments (0) | trackback (0) | murari |
被災財処理進捗状況(6/22版)
被災財
単位:万トン

元データ:環境省 沿岸市町村の災害廃棄物処理の進捗状況 (6/22版取得)
※未処理量=被災財の総量から処理済み量を差し引いたもの。

環境省の元データ、およそ3週間ぶりの更新。

| http://murapple.com/index.php?e=640 |
| カタイコト | 12:45 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |
甲府盆地'12 「荒川ダム」「甲斐ワイナリー」
荒川ダム
荒川ダム。ロックフィルダムである。よく見ると岩がゴツゴツしている。

甲斐ワイナリー
甲斐ワイナリー。裏手から見た写真。昔は養蚕のための古い建物だったらしく、現在は使っていないが、屋根裏もあるらしい。庭にはリンゴの樹も植わっていた。

この家族経営の小さなワイナリーで買った「キュベかざま甲州2012」は、自分好みの辛口で非常に美味だった。

| http://murapple.com/index.php?e=639 |
| フォト | 10:04 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |
甲府盆地'12 「昇仙峡」
仙娥滝 御嶽昇仙峡
仙娥滝と、昇仙峡。滑らかな岩肌が見える。

滝の反対側に、断層の延長と思しき大きな割れ目があり、そちらも気になった。滝の斜面の延長上に1本、下流側にもう1本走っていたように記憶している。
断層
この割れ目が走る線上に、ちょうど川が流れるところが来ると、滝になるのだろう。

| http://murapple.com/index.php?e=638 |
| フォト | 09:56 AM | comments (0) | trackback (0) | murari |